DIGITAL COFFEE-デジタルコーヒー

コーヒー飲みたい系SE(システムエンジニア)による、どうでもいいことを呟くどうでもいいブログ

「アラビヤン焼そば」の巻

2019年のゴールデンウィークも、もうすぐ終わりですね。

どーも、PlugOutです。

 

今回は、あまり見慣れない商品を見つけたので買って調理してみることにしましたよ。

それがこちら!

 

f:id:PlugOut:20190505175528j:image

アラビヤン焼そば

www.sanyofoods.co.jp

なんとも昔ながらのパッケージ感のある、アラビア風な商品。

これ、即席めんの焼そばなんです。

その発売元はサンヨー食品で、なんとあのサッポロ一番ブランドの1つなんです。

そしてその草創期に発売された商品なんだとか。

すごくロングセラーですよね!

さらに調べてみると、かつては全国展開していたものの、一時期は茨城から千葉にかけての限定発売となっていた様子。

そして今は全国で購入可能だとのことですよ!

兎にも角にも、今回惹かれたので購入してみました。

では早速、調理していきます!

 

 

f:id:PlugOut:20190505175608j:image

パックで購入したのですが、中には5食分の即席めんの袋が入っていました。

そしてそれぞれの袋には「即席めん(本体)」の他に「焼そばソース」と「青のり」が入っていました。

ちなみに袋には調理方法がしっかりと書いてありました。

 

f:id:PlugOut:20190505175614j:image

まずは200mlの水をフライパンに張って、熱します。

水が沸騰したらそこへ即席めんを投入し、1分間熱します。

終わったら即席めんを裏返し、また1分間加熱します。

その後は熱し続けながら、即席めんを箸などでほぐしていきます。

水気が少なくなってきたところで「焼そばソース」を投入し、混ぜ合わせます。

これである程度混ざったらお皿に乗せ、青のりを乗せて完成なのですが、せっかくなので野菜なども炒めて混ぜ合わせることにします。

 

f:id:PlugOut:20190505175622j:image

完成!

これは間違いなく、焼そばですよね!

スーパーなどで売られている焼そば用の麺は賞味期限が短いので、ふと食べたくなったときに買い物に行かなければならずに面倒だったんですが、これなら即席めんとして賞味期限が長いので安心ですね!

 

……それで味の方ですが!

やはり即席めん感は拭えないものの、しっかり焼そばらしさが感じられて良いと思いました。

いわゆるカップ焼そば」「屋台で食べるような焼そば」の中間のような感覚。

これはロングセラーとなっているのも納得できるなぁと。

ただ味に若干、独特の癖があるのでここがこの商品を好むかどうかの境目かなと思いました。

(この癖は即席めん独特のジャンキーさとはまた違う感じで、説明が難しい) 

 

気になった方は是非チェック&トライしてみてはいかがでしょうか!

ではでは!