DIGITAL COFFEE-デジタルコーヒー

コーヒー飲みたい系SE(システムエンジニア)による、どうでもいいことを呟くどうでもいいブログ

ホッと旅行記【カナダ〜Yellowknife(イエローナイフ)編3】

どーも、PlugOutです。

前回に引き続きカナダYellowknife(イエローナイフの滞在記です。

plugout.hatenablog.com


今回は観光名所のご紹介ということで、昼間に寄るべきスポットをまとめますよ!

ちなみに全体のスケジュールに関してはカナダ〜Yellowknife(イエローナイフ)編1に書いてあるので、よかったら参考にしてみてくださいね。

plugout.hatenablog.com

続きを読む

ホッと旅行記【カナダ〜Yellowknife(イエローナイフ)編2】

どーも、PlugOutです。

前回に引き続きカナダYellowknife(イエローナイフの滞在記です。

plugout.hatenablog.com

今回はオーロラ鑑賞編ということで、5日間のオーロラ観測の結果についてお伝えしますよ!

ちなみに前回もご紹介しましたが、なんとイエローナイフでのオーロラ遭遇率3日間で95%とのことですよ!

 

それではまずはオーロラ鑑賞でお世話になったAurora Village(オーロラビレッジ)のご紹介から。

www.aurora-tour.com

ここはとても良く開けていてオーロラが鑑賞しやすい場所なだけでなく、ネイティブアメリカンの方々のTipi(ティーピー)と呼ばれるテントが設置された施設です。

ja.wikipedia.org

 

こちらがそのティーピーです。

いくつも設置されているので、割り当てられたグループごとに指定されたものを使用します。

 

初日に僕が利用したものがこちらです。

実は入り口の布は割と重く、出入りする際はちょっと大変でした(笑)

 

内部にはこのように暖炉が用意されているため、とても暖かいです。

一眼レフなどのカメラを持っている人は、外との激しい温度差で壊れてしまわないように注意が必要ですよ。

ちなみに僕は少しでも影響を減らすために簡易的な保冷バッグを用意しました……が、割と気休めだったかも。

とにかく-30℃以下の室外と10℃以上の室内を行き来すると考えておくと良さそうです。

 

また中には暖かい飲み物のサービスもありました。

飲食はこの中か別に設置されている大きなダイニングホールのどちらかであればOKとのことですよ。

それさえ守ればカップ麺等を持ち込んでの食事もOKとのことなので、小腹が空いたときのために持参しても良いかもしれませんね。

※ ちなみにアジア系のカップ麺であればダイニングホールの売店でも売られていたので、その場で購入して食べるすることも可能です。

基本的にオーロラ鑑賞の時間は外でオーロラが出るのを待つ暖かくして室内でオーロラの出現を待つかの2択ですね。

 

さて、施設案内はこんなところまで。

ここからはいよいよ、僕の5日間のオーロラの鑑賞結果についてご紹介していきましょう。

続きを読む

連絡先: plugout777★yahoo.co.jp (クローラー対策のため★を@に変更してください)