DIGITAL COFFEE-デジタルコーヒー

コーヒー飲みたい系SE(システムエンジニア)による、どうでもいいことを呟くどうでもいいブログ

素材を追求した回転焼き!御座候の「御座候 赤あん」の巻

今回のタイトルを初見で読めた方は、関西の方でしょうかね?

どーも、PlugOutです。

 

突然ですがこの食べ物、一体なんて呼んでいますか?

 

f:id:PlugOut:20230110012312j:image

実は地域によって呼び方に大きな違いがある食べ物でして、代表的なものだと今川焼き」「大判焼き」「回転焼き」などがあります。

www.tokai-tv.com

今回ご紹介するものは公式で「回転焼き」として売られている商品なので、この記事でも便宜上回転焼き」と呼ぶことにします(笑)

さて、先ほどの商品の正体をご紹介していきましょう。

 

f:id:PlugOut:20230110012437j:image

「御座候」

www.gozasoro.co.jp

こちら「ござそうろう」と読みます。

兵庫県姫路市に本社を置く御座候さんの商品で、会社名も商品名も「御座候」です。

先ほど地域によって名前が違うという話を書きましたが、関西だとこの商品名で名前を認識している地域もあるんだとか。

 

さて、先ほどの回転焼の商品自体に話を戻しましょう。

 

f:id:PlugOut:20230110012425j:image

「御座候 赤あん」

御座候には「赤あん」「白あん」2種類があり、今回は「赤あん」です。

なんとなく分かるかもしれませんが、この回転焼には餡子が詰まっていて、その餡子の種類が商品によって違うんですね。

 

f:id:PlugOut:20230110012319j:image

割ってみたところ。

見た感じ少し粒感の残る赤あんが、中からひょっこりと顔を出しましたね。

御座候さんは開業当時から素材にこだわっているそうで、最高の北海道産小豆良質の砂糖を作って作られているとのことですよ!

ちなみに作り立てをお店で受け取って食べたので結構温かく、ホクホクとしていて美味しそうな感じです(笑)

 

さてさて、気になる味の方ですが……!

第一印象は非常に優しく、そして上品な安心できる味わいでしたね。

まずは生地は昔ながらの和菓子っぽい、ふっくらそして柔らかな食感と味わいでした。

そしてコアとも言えるメインの赤あんですが、素材にこだわっているというだけあってクセのない上品な仕上がりを感じさせてくれました。

この2つの要素が見事に合体することにより、まさに売られていることを見かけたら思わず食べたくなるような回転焼きに仕上げられている様です。

先ほども触れましたが回転焼きを商品名で御座候と呼ぶ地域もある位ですから、やはり親しみやすさが凄く強いということでしょうね。

 

気がつけばそんなに一つのサイズは大きくないということもあり、あっという間にペロリと完食です。

これは小腹が空いたときにはかなり嬉しい一品ですね!

ちなみに今回は残念ながら用意しなかったのですが、お茶やコーヒーがあると尚一層美味しさが楽しめたかなと感じました。

餡子だとやっぱりお茶の方が良いのかな?)

美味しかったです、ご馳走様でした。

 

……と、いうワケで。

気になった方は是非、機会があればチェックしてみてくださいね。

ではでは!

 

【北海道・旭川】梅屋の「北海道梅屋名物しゅうくりぃむ」の巻

どーも、PlugOutです。

 

今回は北海道より、とっても美味しいスイーツの話題をお届けします。

とってもクリーミーで、みんな大好きなあのスイーツといえば……!

それがこちら!

 

f:id:PlugOut:20230126181405j:image

「北海道梅屋名物しゅうくりぃむ」

www.ho-umeya.co.jp

こちらは北海道旭川市梅屋さんのシュークリームです。

www.ho-umeya.co.jp

梅屋さんは大正3年創業だそうでかなりの老舗ですよね!

そしてシュークリームを作り始めたのも昭和39年ということで、これもまた歴史があり多くの人々に親しまれて来たということですよね。

果たして、一体どんなシュークリームなんでしょうか?

楽しみです!

 

f:id:PlugOut:20230126181412j:image

開封の儀!

袋の中から現れたのは、ゴロンとした形のシュークリームです。

パッと見た感じ、大きさ的には一般的なものと同じですかね。

 

f:id:PlugOut:20230126181426j:image

割ってみたところ。

おぉ……シューの中にしっかり詰まったクリームが、めっちゃ美味しそうな見た目をしていますね。

これはしっかりとした食べ応えが期待できそうです!

そして公式によれば「とろけるような舌触り」が特徴だとのこと。

その真実は如何に……!?

頂きます!!!

 

おぉ、めっちゃクリーミーで濃厚なクリームがかなり心地良いですよ。

味もかなり上品な甘さで、決してくどくない非常に爽快な仕上がりになっていました。

そして外側のシューは割と柔らかめで、こちらもまた上品で食べやすい仕上がりですね!

このシュークリーム、この上品な両方の要素は互いに非常に良くマッチしているのが分かりました。

そのため、全体としてかなり素晴らしい構成でしたよ!

なんだかんだ味を堪能しながら食べていたら、あっという間にペロリと完食していましたとさ。

うーん、もう一個食べたいッ!(笑)

美味しかったです、ご馳走様でした。

 

……と、いうワケで。

気になった方は、機会があれば是非チェックしてみてくださいね。

ではでは!

 

連絡先: plugout777★yahoo.co.jp (クローラー対策のため★を@に変更してください)