DIGITAL COFFEE-デジタルコーヒー

コーヒー飲みたい系SE(システムエンジニア)による、どうでもいいことを呟くどうでもいいブログ

ホッと旅行記【台湾〜九份編】

前回の記事はこちらからどうぞ。

plugout.hatenablog.com

前回の記事でも触れましたが、観光の2日目後半は九份へと向かいました。

九份は台湾の北部にある、山あいの町です。

台北からは離れているので、向かう場合は基本的にバスを利用することになります。

ja.wikipedia.org

ここはかつて、金の採掘によりゴールドラッシュに湧いた町だった様ですが、それも終わりを迎え、町は衰退して行ったようです。

しかしその後、町のレトロな雰囲気が観光ブームを呼び、今や人気の観光地となっています。

また日本ではスタジオジブリの映画「千と千尋の神隠し」の舞台のモデルという噂が流れ、一気に知られることになりました。

ちなみにその噂自体は、スタジオジブリ宮崎駿監督によって否定されているようですが……(白目)

 

 

f:id:PlugOut:20191217224843j:image

九份に到着すると、生憎の雨でした。

傘を持った観光客でごった返すという状況で、なかなかカオスでしたね。

しかし30分ほどすると、雨も完全に止みました。

やはり山の天気は変わりやすいのかなあ。

 

f:id:PlugOut:20191217224854j:image

町の至る所に吊り下げられた提灯が印象的な風景。

地面が傾斜になっており、町の中は基本的に階段を使って移動する必要があります。

 

f:id:PlugOut:20191217224909j:image

この建物が、千と千尋の神隠しに出てきた建物に似ていると噂になった「阿妹茶樓」というお茶屋さん。

確かに噂になるくらいには、雰囲気が似ている気がする。

 

f:id:PlugOut:20191217230123j:image

「阿妹茶樓」でお茶を注文し、美味しく頂きました。

台湾のお茶は日本のお茶とは味が違うものの、どこかホッとする味わいがあって良いですね。

お茶菓子も非常に美味しかったです。

 

f:id:PlugOut:20191217224922j:image

隣の高い建物にあるお茶屋さんから「阿妹茶樓」の周辺を撮影。

聞いた話によれば、この景色は夜の方が映えるんだそうだ。

 

f:id:PlugOut:20191217224932j:image

こちらでもお茶を頂く。

先ほどのお茶とは違うものの、やはり美味しいです。

1人前にしてはちょっとお茶の量が多いのが、日本とは違う所だなぁとは感じましたね。

そうそう……店員さんに「テラス席で風景を撮っても良いですか?」と聞くと、にっこり笑顔でOKしてくれたのが印象的でした。

台湾の方はみんな、観光客に対してとても親切なのが素晴らしいです。

 

 

f:id:PlugOut:20191217224956j:image

夜の風景。

確かに昼とは違った味がある気がします。

 

f:id:PlugOut:20191217230141j:image

お茶屋さんを出て、下から見上げるアングルでパシャり。

なかなかレトロな雰囲気が出ていて素晴らしいな。

 

f:id:PlugOut:20191217230257j:plain

f:id:PlugOut:20191217230157j:image

写真を沢山撮影した後は、帰りのバスまでいろんなお土産さんを覗いて過ごしました。

結構「千と千尋の神隠し」グッズ(恐らく公式ではない)が売られていたりして面白かったです(笑)

写真を撮るのが好きな人なら、台湾に来たら是非とも寄って欲しい町だと思いますね。

 

f:id:PlugOut:20191217231429j:image

帰り際に、アイスキャンディー屋の前で猫を発見。

人に慣れているのか、怯える様子はほぼありませんでした。

猫がいる町は良い町だ(謎理論)

 

この後は再び台北へ戻り、夜店へと向かいました。

というわけで、2日目の夜〜3日目の「台湾・台北編3」へ続きます。

 

連絡先: plugout777★yahoo.co.jp (クローラー対策のため★を@に変更してください)