DIGITAL COFFEE-デジタルコーヒー

コーヒー飲みたい系SE(システムエンジニア)による、どうでもいいことを呟くどうでもいいブログ

ホッと旅行記【台湾・台北編1】

今回は、台湾に観光に行ってきたので旅行記をまとめます。

日程は2泊3日で、メインは台北市内と九份です。

航空会社は中華航空を利用しました。

 

f:id:PlugOut:20190519092130j:image

成田空港発の朝の早い便での出発です。

出国手続きや検査場通過を考えると2時間前までの到着が望ましいですが、都内から成田空港までは結構かかるので結構頑張って早起きしました。

 

 

f:id:PlugOut:20190519091808j:image

これが僕が実際に利用した飛行機です。

飛行機を見ると、謎にテンションが上がるのはどうしてでしょうか(笑)

 

f:id:PlugOut:20190519091814j:image

こちらは機内食

2つから選べた内で「カツ丼」を洗濯しました。

今までいくつもの航空会社を利用して来ましたが、とても美味しい部類かと。

ンマイなぁ!

 

f:id:PlugOut:20190519091821j:image

台湾桃園国際空港に到着。

入国を済ませ、ここはロビーです。

空港内は、程よく飲食店も充実している感じでした。

とりあえず空港から地下鉄(MRT)に乗り、台北市内へと向かいます。

ちなみにこの時に切符を購入するのではなく、「悠遊卡(ゆうゆうカード)」を購入するとかなり便利です。

これは交通系電子マネーで、日本で言うところのSuicaの様なものです。

購入時点で幾らかはチャージされるので、後は必要に応じて少しずつチャージすることをオススメします。

チャージしすぎてしまった場合は、コンビニなどでの商品の購入時に使用して調整すると良いでしょう。

 

f:id:PlugOut:20190525154503j:image

台北市内についたら、ひとまずコンビニで小休止。

こちらはセブンイレブンで購入した「タピオカミルクティー」です。

流石本場、どこでも手軽に購入できるんですねぇ。

 

f:id:PlugOut:20190525154515j:image

休憩した後は、早速観光開始です。

まずは「中正記念堂」へと向かいました。

ja.wikipedia.org

ここは台湾の初代総統である蒋介石の顕彰施設です。

あまり詳しくは書きませんが、台湾の歴史を知った上で訪れると良い場所だと思いますね。

敷地中には本堂の他に、国家戯劇院、国家音楽庁、公園広場などがあります。

 

f:id:PlugOut:20190525154525j:image

どの建物もドデカくて、見応え抜群で圧巻でした。

 

f:id:PlugOut:20190525154609j:image

f:id:PlugOut:20190525154621j:image

こちらは「自由廣場(自由広場)」です。

かなり広く、沢山の人々が写真を撮ったり、座って談笑したり、ダンスの練習をしたりしていました。

 

f:id:PlugOut:20190525154629j:image

さてさて、こちらがメインの「中正記念堂」です。

「佛誕節」が近かったため、その準備が行われていました。

zh.wikipedia.org

 

f:id:PlugOut:20190525154640j:image

こちらが「中正記念堂」の中に設置されている「蒋介石のブロンズ像」です。

ちなみにここで行われる「衛兵交代式」はとても見応えのあるものなので、オススメですよ。

 

f:id:PlugOut:20190525154651j:image

「中正記念堂」側から「自由廣場(自由広場)」を見た所。

 

f:id:PlugOut:20190525154702j:image

敷地内にある庭園では、鯉に餌やりをすることができました。

自販機から10元で餌を購入することができます。

 

f:id:PlugOut:20190525154711j:image

餌はこんな感じ。

割と量がありましたね。

大人でも楽しいので、子どもと一緒に行くなら尚更ウケること間違いなし!

 

f:id:PlugOut:20190525154718j:image

ぼーっと庭を眺めるだけでも、なんだかいい気持ちになれる気がする。

庭園って不思議ですね。

 

 

f:id:PlugOut:20190525154726j:image

さてさて「中正記念堂」の後は、「鼎泰豊(ディン・タイ・フォン)」の本店へ行きました。

www.dintaifung.com.tw

ここは「世界の10大レストラン」に選ばれた小籠包(ショウロンポウ)・点心が有名な中華レストランです。

行ったのは18:00ごろでしたが、凄い混み様で40分待ちでした。

予約ができる様なので、今度行くときには事前予約をしていこうと思います。

 

f:id:PlugOut:20190525154734j:image

こちらが噂の「小籠包」

食べ方についてはテーブルにある案内紙に細かく書いてあるので、それに従えばよろし。

小籠包は肉汁たっぷりで美味しいのは元より、そこに生姜とお酢、そして醤油が絡み合うハーモニーが素晴らしい。

これはここに来たら食べないと勿体無いな。

 

f:id:PlugOut:20190525154742j:image

小籠包の他にもいくつか点心を頼みましたが、やっぱりお供に欲しいのがお酒。

店員の勧めで、この「18天台灣生啤酒(台湾ビール18DAYS)」を選びました。

なんとこのビール、賞味期限が18日間しかないという珍しいもの。

恐らく台湾でしか中々飲めないだろうと思い、これにしましたね。

味の方もスッキリしていてとても飲みやすく、程よい苦味がとても爽やかです。

ビールが苦手という方も、もしかしたらこれなら飲めるかもしれませんよ。

 

f:id:PlugOut:20190525155014j:image

さてさて、ご飯を食べた後は「台北101」へと移動しました。

ja.wikipedia.org

ここは地上101階建の超高層ビルで、2004年には世界一の超高層建築物として認められました。

(ただし今はدبي(ドバイ)の「برج خليفة (ブルジュ・ハリファ)」が世界一となっておりますが)

 

f:id:PlugOut:20190525155032j:image

台北101」には展望台がありまして……台北の綺麗な夜景が見られるということで行こうとしたんですが、この日はあいにくの霧。

展望台のチケットを購入するときに、親切なスタッフの方が「登っても霧で何も見えないからやめた方がいいですよ」と教えてくれました。

(すごく優しい!)

 

f:id:PlugOut:20190525155022j:image

ちなみに実際に見上げてみるとこんな感じ。

これは確かに霧で厳しそう(苦笑)

 

f:id:PlugOut:20190525155041j:image

その後、綺麗な夜景を撮るために「象山」という駅へと移動しました。

これはガイドブックに書いてあったんですが、ここには「象山」という山があって、そこから「台北101」方面を観ると、綺麗な夜景が見えるそうな。

 

f:id:PlugOut:20190525155048j:image

ちなみに「象山」の駅のそばには「象山公園」がありました。

至る所にある象のオブジェが可愛らしい(笑)

 

f:id:PlugOut:20190525155054j:image

ちなみに「象山」に登るのではなく「象山公園」からだと、見上げる形にはなりますが、こんな感じの夜景を観ることができます。

霧が無ければもうちょっと綺麗かと……。

 

f:id:PlugOut:20190525155101j:image

「象山公園」の先にある「象山」を登って行って最初の「展望デッキ」から見た夜景がこちら。

この頃にはかなり霧も晴れてきていて、夜景が良く見えるようになっていましたよ。

ここまで来るのに何段の階段を登ったのかは分かりませんが、とりあえず20分以上は登りまして、かなりきつかったですよ。

そしてこの「展望デッキ」よりもさらに上にはまた違う「展望デッキ」があるらしいんですが、流石に足が限界だったので断念。

次に来る機会があれば、再チャレンジしたいところだな。

 

そんなこんなで、まずは観光を満喫した1日目も終了。

全体的に結構な距離を移動したのと、最後の「象山」で体力を大幅に持っていかれましたが楽しかったですよ!

 

台湾・台北編2へ続きます。

plugout.hatenablog.com

 

連絡先: plugout777★yahoo.co.jp (クローラー対策のため★を@に変更してください)