DIGITAL COFFEE-デジタルコーヒー

コーヒー飲みたい系SE(システムエンジニア)による、どうでもいいことを呟くどうでもいいブログ

【台湾】「満漢大餐 葱焼牛肉麺」を食べました

どーも、PlugOutです。

今回は、台湾で購入したカップ麺を食べたのでご紹介します。

それがこちら!

 

f:id:PlugOut:20190812232414j:image

「満漢大餐 葱焼牛肉麺

こちらは一般的なラーメンではなく「牛肉麺」となっております。

一般的なラーメンだと鳥とか豚でスープを取るのが主流かと思いますが、牛でスープを取っているのが特徴ですね!

以前に台湾でお店の牛肉麺を食べましたが、普段日本のラーメンに慣れている方には、全然違ったタイプの味に感じるのではないでしょうか。

 

 

f:id:PlugOut:20190812232424j:image

横からの図。

シンプルなパッケージですが、それがまた良い!

 

f:id:PlugOut:20190812232433j:image

こちらが商品の中身。

「麺(本体)」の他に「牛肉料理包」と「調味袋粉包」そして「調味油」が入っていました。

作り方としては「調味袋粉包」と「調味油」をカップに入れた後、熱湯(約500ml)を注いで蓋をして3分待ちます。

その際に「牛肉料理包」は蓋の上で温めておきましょう。

3分経ったら「牛肉料理包」を加えて、混ぜ合わせて完成です。

 

f:id:PlugOut:20190812232448j:image

完成の図!

いやー、美味そう。

この時点でラーメンとは違った、牛のスープの香りに気付くはず。

 

f:id:PlugOut:20190812232455j:image

麺は割と一般的なカップ麺の物と変わりないように見えますね。

 

さてさて、気になる味の方ですが!

麺はやはりというか、一般的なカップ麺の物と同じで、僕が好きなジャンキー感溢れる感じの食感でした(笑)

味は一般的なラーメンとは全然違っていて、牛臭さというか独特の味わいをベースに香草で味付けしてある感じでしたね。

麺は違いますが、雰囲気的には台湾の店舗で食べた味を思い出せて良かったです。

これが好きかどうかは、人によってかなり分かれるだろうなぁ。

僕は割と好きですよ!

スープまで全部飲み干して、ご馳走さまでした。

 

というわけで。

気になった方は是非、機会があればチェックしてみてくださいね!

ではでは!

 

【ベトナム】「Phở trộn bò xốt tương đen(醤油混ぜ合わせフォー)」を食べました

どーも、PlugOutです。

 

ベトナムカップ麺を食べたので、今回はそれをご紹介したいと思います。

それがこちら!

 

f:id:PlugOut:20190720114537j:image

「Phở trộn bò xốt tương đen(醤油混ぜ合わせフォー)」

micoem.vn

「Phở(フォー)」とは、ベトナムを代表する麺のことですね。

ja.wikipedia.org

 

適切な日本の商品名がインターネット上で見つからなかったので「醤油混ぜ合わせフォー」としました。

果たしてその味はいかに。

 

 

f:id:PlugOut:20190720114545j:image

こちらが商品の中身。

麺(本体)の他に、緑の袋の「かやく」と緑の袋のソース、そしてフォークが入っていました。

フォークが海外のカップ麺でよくある「折りたたみ式」ではなく、プラスチックの単純なフォークだったのが面白いですが、これは元のカップが大きいからでしょうかね。

さてここからは、パッケージに書いてある作り方通りに作っていきます。

 

f:id:PlugOut:20190720114601j:image

まずはカップに「麺」と「かやく」を入れ、ここに熱湯を入れます。

その後でカップにフタをして3分待ち、その後湯ぎりをします。

(湯ぎりの口がフタに付いています。)

 

f:id:PlugOut:20190720114635j:image

湯ぎりをした後に「ソース」を入れ、よく混ぜ合わせて完成です。

感覚的には「カップ焼そば」に近いような?

 

f:id:PlugOut:20190720114650j:image

完成!

なかなか印象的な見た目をした商品ですね。

ちなみにこの時点で、独特の香草の香りが結構漂いましたよ!

 

それで、気になる味の方ですが!

香草の香りのインパクトそのままに、味付けも香草を割と押し出した面白い味わいに仕上がっていました。

僕個人的にはかなりイケる味ですよ!

ただ香草が苦手な方、特にパクチー系がダメな方にはオススメしないかなぁと。

ご馳走様でした。

 

気になった方は是非、機会があればチェックしてみてはいかがでしょうか。

ではでは!