DIGITAL COFFEE-デジタルコーヒー

コーヒー飲みたい系SE(システムエンジニア)による、どうでもいいことを呟くどうでもいいブログ

「宇宙日本食レトルトカレー スペースカレー ビーフ」と「宇宙白米」の巻

どーも、PlugOutです。

 

突然ですが「宇宙日本食」ってご存知でしょうか。

宇宙日本食とはJAXAが評価・承認した、国際宇宙ステーションISS)で日本食の味が楽しめるような宇宙食のことです。

日本人宇宙飛行士が抱える長期の宇宙空間滞在時のストレスを緩和することなどが主な目的のようですね。

 

今回は、そんな宇宙日本食を入社したので実際に食べてみました。

それがこちら!

 

f:id:PlugOut:20190902085314j:image

「スペースカレー ビーフ

housefoods.jp

こちらハウス食品から発売されているもので、実際に宇宙日本食として認可を受けているレトルトカレーです。

公式によれば、内容物は同じでレトルトのパウチだけが異なるとのこと。

 

 

f:id:PlugOut:20190902085419j:image

箱からレトルトのパウチを取り出してみました。

確かにこの袋の形状だと、無重力な宇宙空間で扱うのには不便かもしれませんね。

 

調理方法は簡単で、通常のレトルトカレーと同様に湯煎するだけです。

電子レンジには対応していなかったので、その点だけご注意くださいね。

 

さてさて早速調理して行こうと思うんですが、日本食でカレーと言ったら「カレーライス」ですよね。

そのためもちろんご飯も用意するんですが、折角なのでこんな物を用意しました。

 

f:id:PlugOut:20190902085402j:image

「宇宙白飯」

www.onisifoods.co.jp

こちらは尾西食品が開発した「日本宇宙食」です。

「日本宇宙食 × 日本宇宙食」の掛け合わせによって、おいしさのビッグバンが起きるのではないかと予想します。

ウォーズマン理論

今回、カレーライスのご飯にはこれを使用します。

 

f:id:PlugOut:20190902085442j:image

調理方法ですが、袋を開けたら「水」もしくは「熱湯」を袋の内側の線まで注ぐだけ!

「水」と「熱湯」で違うのは、できあがりまでの待ち時間。

もちろん「熱湯」の方ができあがりが早いのでオススメですよ!

 

f:id:PlugOut:20190902085526j:image

で・き・あ・が・り

予想に反して、見た目はめっちゃ普通!

 

さてさて、それでは気になる味の方ですが!

うむ、味も一般的なカレーライスな雰囲気。

しかし落ち着く、安心する味ですね。

逆に言うと宇宙食だからというギャップをほとんど感じません。

何も言われずに出されたら、普通のカレーライスだと思って食べてしまうかも?

ということは、ちゃんと日本宇宙食の目的である「ストレス緩和」を果たしていると言えるのかもしれませんね。

だって地上とほぼ同じようなカレーライスが食べられるということなのだから。

 

これちょっと思ったんですが、災害時用の非常食としてもすごく優秀です。

基本的にお湯があればカレーライスを食べられますし、「宇宙白飯」に至っては、水でも作れるということなので限られた状況下でもきちんとしたご飯が食べられるのは良いですよね。

また見かけたら買って貯めておこうかな。

 

というわけで。

気になった方は是非チェックしてみてくださいね。

ではでは!

 

連絡先: plugout777★yahoo.co.jp (クローラー対策のため★を@に変更してください)