DIGITAL COFFEE-デジタルコーヒー

どうでもいいことを呟くどうでもいいブログ

【高価なコーヒー】「Kopi Luwak(コピ・ルアク)」の巻

※この記事には人によっては不快に感じる文章が含まれている可能性があります。

※海外の食文化に理解のある方のみ閲覧されることをオススメします。

 

どーも、PlugOutです。

 

突然ですが「Kopi Luwak(コピ・ルアク)」というコーヒーをご存知でしょうか?

コピ・ルアク - Wikipedia

そのまま日本語へ直訳して「ジャコウネココーヒー」と呼んだ方が、ピンと来るかもしれません。

インドネシア語で「コピ」は「コーヒー」、「ルアク」は「ジャコウネコ」を意味します。)

これは、よく「世界一高価なコーヒー」と呼ばれている一方で「世界の奇妙な食べ物」の一つに数えられる奇妙な物です。

今回は、たまたま僕がインドネシアにてコーヒー農家を訪ねた際に出会えたこの「Kopi Luwak(コピ・ルアク)」について書きたいと思います。

 

まずこの「Kopi Luwak(コピ・ルアク)」がなぜ世界一高いコーヒーと呼ばれているかですが、その秘密はこのコーヒー豆の入手経路にあります。

そこで登場するのが、名前の由来でもある「ルアク」こと「ジャコウネコ」です。

熟したコーヒーの実をジャコウネコは餌として食べるのですが、その種子(いわゆるコーヒー豆)は消化されずに体外へと排出されます。

そう、いわゆるウンチですね。

これを綺麗に洗って乾燥させてから焙煎させたものがこの「Kopi Luwak(コピ・ルアク)」です。

このコーヒーが非常に高価な理由は、そのジャコウネコの糞の中に含まれているコーヒーの種子(豆)を大量に見つけることが困難だからです。

 

それでは、その「Kopi Luwak(コピ・ルアク)」の実物がこちら。

 

f:id:PlugOut:20180918141746j:image

f:id:PlugOut:20180916214924j:image

見た目は普通のコーヒーと大差ありませんね。

香りはやや独特ですが、何も言われずに喫茶店で出されたらそのまま飲むでしょうね。

一番違うのは味で、めちゃくちゃマイルドで飲みやすい。

強い酸味があるわけでもなく、強い苦味があるわけでもないので、それだけだと特徴の無いコーヒーとなってしまいそうですが、今まで飲んだことのない謎の味わいがあります。

おそらくこれを表す日本語はないんじゃ無いかと思う独特の味ですね。

語彙力が足らなくて申し訳ありません。

 

この「Kopi Luwak(コピ・ルアク)」のお値段は、100gで5000円ほど。

うーん、やはり高い。

 

もしかしたら、インドネシアに行ったことのある方がこれを読んでいたら「街中で見たのは1000円強位だった」と思うかもしれません。

実はこの「Kopi Luwak(コピ・ルアク)」ですが、観光客向けにちょっとしたワナを持って大量にお土産やなどで売られているという現実があります。

それはなにかと言うと、パッケージ裏にこっそり書いてある「数%混入」表示です。

僕も空港のお土産屋のものを確認してみたのですが、確かに英語で「5%混入」の表示があるものが多々ありましたね。

少しでも本物の「Kopi Luwak(コピ・ルアク)」が入っていれば「Kopi Luwak(コピ・ルアク)」を名乗って売っていいということなんでしょうか。

現地の人も「そこらへんで売ってるのはあんまり品質良く無いよ」と言ってました。

(そもそも本物でも偽物でも、現地の人はこれを買おうとは思わないそうですが笑)

 

とりあえず、そんな感じでした。

ではでは!