DIGITAL COFFEE-デジタルコーヒー

どうでもいいことを呟くどうでもいいブログ

映画「打上げ花火、下から見るか?横から見るか?」を観ました

どーも、PlugOutです。

公開前から気になっていた映画がついに公開されたので観てきました。

 

f:id:PlugOut:20170820082953j:image

「打上げ花火、横から見るか?下から見るか?」

www.uchiagehanabi.jp

物語シリーズ」を思わせるキャラデザ(もちろん同じ人がキャラデザしているからだけれど)で個人的にとても注目していたんですよ。

そして総監督も「物語シリーズ」を監督していた新房昭之さん。

ヒロインが化物語の「戦場ヶ原ひたぎ」に似ているというのがこの映画のポスターを見たときの最初の感想なんだけれど

 

その原型は1993年のドラマ「if もしも」の中の1作品で、今作品はこのアニメ化という位置づけになっています。

「if もしも」は話ごとに「もしも〜していたら」をテーマにした独立した短編を毎回流すオムニバス形式のドラマ番組で、特にこの「打上げ花火、下から見るか?横から見るか?」は完成度が高く評価が高かったという背景があるようです。

1995年に実写映画化もされているようですね。

 

簡単なあらすじとしては主人公の島田典道が家庭の事情で転校を強いられている及川なずなと駆け落ちをするために、何度でも夏休みのある1日をやり直すという内容。

元々のドラマ「if もしも」のテーマが分岐点であるように、「もしもあの時〜していたら」 をテーマに物語が進んでいきます。

 

※ここから先はネタバレなしでの感想となります。

個人的な感想としては青春 + SFの王道モノという印象でした。

観ていてとても甘酸っぱい気持ちになれるのが良いところだと思います。

物語の進行ペースもきっちりと計算されていて、いい感じに話が頭の中に入っていくのが面白いところ。

 

逆に気になったところといえば、CGの使い方でしょうか。

明らかに作画された部分と3D描写された部分が分かってしまうのは個人的に気になりました。

(そこはまぁ観る人の性格次第でしょうが)

 

個人的には観ていていい気持ちになれたので、結構評価は高めです。

ですが、ネットを観ると酷評が結構ある様子。

僕が思うに、メディアが「君の名は。」の再来としてプロモーションかけすぎたんじゃないかなぁと思っています。

君の名は。」を期待して観に行くとボーダーが高すぎるので、どうしても期待はずれ感が出てしまうんじゃないかなぁと思いました。

ディズニーの映画を観るのに「君の名は。」を期待して行かないのと同じで、単発の映画として観ると良いと思いますよ。

 

あと、テーマソングが素晴らしい。

www.youtube.com

DAOKO × 米津玄師というコラボで、歌声が聞いていてとても心地よいです。

気になった方は是非、映画に足を運んでみてはいかがでしょうか?

ではでは!