DIGITAL COFFEE-デジタルコーヒー

どうでもいいことを呟くどうでもいいブログ

ホッと旅行記【ベトナム〜HCM(ホーチミン)編2】

前回の記事はこちらからどうぞ。

plugout.hatenablog.com

 

旅行記をまとめようと思ったものの……観光地らしい観光地にはほとんどいかず、飯ばっかり食べていたことを思い出しました。

とりあえず今回はベトナムで食べた数々の代表的な料理をご紹介したいと思います。

どれも美味しいのでオススメですよ!

 

 

f:id:PlugOut:20170530235214j:image

まずご紹介するのは、こちらの「Bún chả(ブンチャー)」から。

ベトナム版つけ麺でございます。

右側に写っているのが米の麺で、これを器に乗っけてから葉っぱ(シソやパクチー)をお好みでちぎって入れ、最後に真ん中のスープをかけます。

あとはお好みでレッドやイエローチリを入れて食べます。

「ンマーイ!(億泰風)」

 

f:id:PlugOut:20170530235259j:image

続いてこちらはベトナム版揚げ春巻きの「Chả giò(チャーゾー)」です。

上のBún chả(ブンチャー)と一緒に食べることも多いそうで、同じ店で食べました。

これはすごく日本人ウケしそうな味で、スイートチリソースをつけて食べると美味しかったです。

お弁当に入れたい一品!

 

f:id:PlugOut:20170530235319j:image

揚げ、ときたら……お次は生春巻きの「Gỏi cuốn(ゴイ・クォン)」です。

中に挟まっている香草次第では結構クセがあるこの食べ物、僕が食べたものは割と素直な味でした。

安くて美味しい、香草が好きな人にはお昼にぴったりの一品!

 

f:id:PlugOut:20170530235309j:image

こちらは「Bánh xèo(バインセオ)」です。

言うならばベトナム版お好み焼き。

Twitterのフォロワーのるんさんが「ベトナム行くなら絶対食べておけ」と一押しの一品です。

いろんな具が入っていてこれまた美味。

ベトナムビール「333(バーバーバー)」と共に美味しく頂きました!

 

 

f:id:PlugOut:20170530235335j:image

これがベトナム料理で一番有名と思われる「phở(フォー)」です。

あっさり目でかついっぱい食べられる、日本でいう京風うどんのような感じ。

お店には大抵唐辛子が置いてあるので、食べ進めながら追加して味の変化を楽しむのも一興。

ちなみに僕は調子に乗りすぎて唐辛子を入れまくり、辛ラーメンも真っ青な辛さのこれを汗だくで食べる羽目になりました。

まぁ、これも経験と思うしか(ry

 

f:id:PlugOut:20170530235551j:image

こちらは「Chè(チェー)」という、ベトナムを代表するスイーツです。

色んな種類がありますが、共通してめちゃめちゃ甘いのが特徴です。

 

f:id:PlugOut:20170530235602j:image

これは僕が食べたChè(チェー)のうちの一皿。

……栗?……芋?

そんな感じでしたがめちゃめちゃ甘くて美味しかったです。

甘党なら死ぬまでに一度、絶対にチャレンジするべき。

 

f:id:PlugOut:20170530235611j:image

こちらはChè(チェー)の店で一緒に頼んだ「さとうきびジュース」

こっちもメチャメチャ甘いのかと思いきや、以外と柑橘系の何かが入っていてオレンジジュースのような味がしました。

日本で前に飲んださとうきびジュースとはちょっと違う味わい……。

これだから旅行はやめられない!!!

 

さてさて、次回も食べ物特集の予定ですが……。

今回ご紹介したのは割と日本人にポピュラーな食べ物ばかり。

次回は噂に聞く例の「アレ」が登場します。

ちょっとモザイク多めでお送りする予定ですので、よかったら楽しみにしていてくださいね。

 

ベトナム〜HCM(ホーチミン)編3へ続きます。